2005年04月20日

「shuffle交換」が最近周囲で流行

“最近どんなの聴いてる?”…自分が贔屓にしているミュージシャンの音楽を聴くのも楽しいが、他の人の全然違った好みの曲を聴くのも新鮮でいい。10代の頃はカセットテープの貸し借りをしたりしたが(遠い目)、最近おんなじように僕の周囲ではiPod shuffleの貸し借りが流行っている。

以前にHotwired記事「静かなブーム:道端で『iPodを共有するユーザーたち」で道で出会うiPodユーザーたちが互いに自分の音楽を聴かせあうという話をちょっと思い出す。さすがにそれをそのまま日本で実行するのは気が引けるけど、気の知れた人達なら問題無し。

手渡すiPod shuffleはiTunesのライブラリからオートフィル機能でランダムに選ばれた曲を入れる。コレを同じことをした知人のiPod shuffleと交換する…という寸法。最初のうちはこの記事のように渡す前にiPod shuffleに収録する楽曲を何にするか悩んだりしたけど、最近はそれも面倒だから単純にオートフィルして渡す…って感じになっている。ちなみに僕の知人はみんなHDDベースのiPodを持っていて、サブにshuffleを使っているんで、それほど抵抗なく貸し借りしてしまう。

それにしても知人のライブラリを聞く…っていうのはやっぱり新鮮で、新たな音楽の出会いが結構ある。特にジャズ好きの知人とよく貸し借りをするせいか、段々ジャズに対する興味も強くなってきて、少しずつジャズのCDも増え始めたり。既にiPodを持っているのに物欲でshuffleも買ってしまったなら、こんな使い方も悪くないかもね。

posted by 卯月 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。